シータヒーリングの七辿響-なとおん-島袋孝子

ホーム » 七辿響-なとおん-について②

七辿響-なとおん-について②

 

島袋 紗和 プロフィール

 1993年、3兄弟の長女として生まれる。

 中学2年生の時に父親をガンで亡くし、母方の実家で農業を手伝いながら学生時代を過ごす。

 高校卒業後は複数のアルバイトで学費を稼ぎながら大学へ進学し、社会福祉主事資格を取得。

 卒業後は、認知症グループホームに勤務し介護士(夜勤含む)として従事する。

 2019年3月より管理補佐として外国人留学生の教育・指導担当を務める。

 2019年7月 エンドオブライフ・ケア援助士認定取得。

 担当した留学生全員が介護福祉士養成校に合格・入学するのを見届けた2020年4月に福祉職を退職。

 2020年5月 EQ絵本講師®インストラクター資格取得。

 2020年10月 シータヒーリングインストラクター資格を7つ取得。

   (基礎、応用、Dig Deeper、リレーションシップ②③④、豊かさと願いの実現)

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 シータヒーリングとの出会いは2019年9月の事でした。

 同年7月、祖父が農作業中に不慮の事故に遭い、自宅介護が必要な状態に追い込まれ、

 職場でも自宅でも一日中介護に追われるという生活が2ヶ月以上続き、

  身体も心もすっかりボロボロになっていました。

  それと同時に職場では、

  「海外からの留学生を1年で介護福祉士養成校に合格させなければいけない」 

 というプレッシャーとも日々闘っていました。

  人員不足の影響で毎月8~9回の夜勤勤務をし、自宅に帰っても留学生の対応に追われる毎日。

  残業や休日出勤も当たり前・・・身も心も限界であった私を見かねた交際相手(現夫)に勧められ、

 マスターサイエンスインストラクターである彼の母からシータヒーリングのセッションを受けたことがきっかけで

 人生は大きく変化しました。

 

★初めてのセッション後の変化★  (プラクティショナー:島袋孝子)

 ・職場で留学生達に「日本語でコミュニケーションを取るように」と

  何度言っても英語で送られてきていたメールが、その日を境に全て日本語・漢字になりました。

 ・祖父を受け入れてくれる施設が決まり、自分の時間が持てるようになりました。

 ・父親を失った悲しみ、喪失感に囚われていた心から解放され、「今」を生きる事にフォーカス出来るようになりました。

 ・好きだった絵本を通して「EQ絵本講師®」という資格を取得する事が出来ました。

 ・保護猫を子猫から飼いたいと思って願っていたら、

  数日後に想像以上の可愛い子猫を友人から引き取る事になりました。

 ・「留学生を担当する事で抱えていた責任の重圧」から心が解放され、無事に全員合格を見届ける事が出来ました。

 ・入籍が決まり、寿退社する事が出来ました。

 

 他にも沢山の奇跡がありました。

 当時マニフェストした事が今では全て叶っています。

 

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~~☆~☆~

 

 

 (自分の人生は誰の為にあるんだろう・・・)と傷つき、悩み、人間不信に苦しんだ事もありました。

 自分の意思とは関係なく夢を諦めた事も過去には沢山あります。

 

 そんな私でも、

 これまでの数々の経験・体験に何一つ無駄なことはなかったと思えるようになりました。

 喜びや嬉しさを心から表現しながら笑う事が出来るようになりました。

 

 そう思えるようになったのは、

 シータヒーリングと出会い、自分自身と深く繋がる事が出来るようになったから。

 どんな形でも私に沢山の影響を与えてくれた家族、友人、周りの人々の存在があったから。

 何があっても諦めず、一緒に成長してくれた「自分自身」という存在があったから。

 

 人生は一度きり。

 あなたの夢は何ですか?

 あなたが本当に望む事、心からワクワクする事は何ですか?

 あなた自身の持つ本来の魅力、才能を輝かせることの出来る未来へ・・・

 新たな人生への一歩を一緒に踏み出してみませんか?

 

   心にほんわか安らぎの一時を

   素直な自分の心と日々のトキメキ。

   あなたの魅力を引き出します。

コンテンツ
  • シータヒーリングの七辿響-なとおん-島袋孝子へお問い合わせ
  • シータヒーリングの七辿響-なとおん-島袋孝子からシータヒーリングサイトへ
  • シータヒーリングの七辿響-なとおん-島袋孝子からシータヒーリングジャパンへ
  • シータヒーリングの七辿響-なとおん-島袋孝子からなとおんtwitterへ
  • ホームページ制作
Share | rss